03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

滋賀県 伊吹山へ登山! 

GW 世間並みにお休みを頂いたので愛知に帰っています
今日は妻が仕事なんで
娘を引き連れて登山で~す

伊吹山
滋賀県 伊吹山
日本百名山で滋賀県の最高峰~

今日は超お気楽登山なんでドライブウエイを通って上まで直行~
登山ってよりハイキング感覚だね

伊吹山 
駐車場からは《西ルート》で上がっていきます

伊吹山   
鹿よけフェンスを抜けます
どこの山も鹿の食害に悩まされてるようです・・・

んでもって
伊吹山  
1377mの山頂到着~
ホントにあっという間(^_^)v

昨日の山頂は雪が降ったらしいですが、今日はいいお天気~
気温は10度くらい 少し寒い感じ
伊吹山    
大パノラマの山頂からは遠く琵琶湖が綺麗に見えました
登山客がどんどん増えてきました

伊吹山     
少し寒いし お腹すいたんで山小屋へ
お昼食べて休憩~


帰りは《東ルート》からね
伊吹山      
実は ココからが本番
こっちの道が楽しみで上がって来た様なもの

娘とは3度目の伊吹山登山
伊吹山        
爽やかな初夏の山の空気を感じながら ゆっくりと歩きます

伊吹山       
幾重にも重なる山々が美しいよねぇ~

伊吹山         
家でゴロゴロしてたら絶対見られない風景
来て良かったと思ったね

見晴らしのいい尾根道を抜け
伊吹山           
変化のついた山道らしい道などがあるのが 東ルートの魅力

もうすぐ駐車場って所で 大きめの鳥発見~!
伊吹山          
ライチョウかと思ったら キジでした~(笑)
二人でテンション上がってしまった~
まぁライチョウもキジ科だからね・・・

そんなオチもありつつの・・・
今日は娘と 〈お気楽登山〉   いい一日でした



☟ GWいかがお過ごし?    ポチっ!!!
スポンサーサイト

[edit]

今年3度目の京都へ 

約1か月ぶりに愛知の自宅へ(笑)
んでもって 今日もお出かけしま~す 
娘は所用があるとの事なんで 妻と二人で
新緑の京都へ!!

東福寺
《東福寺》 京都市東山区本町5丁目
創建は鎌倉時代   京都最大の大伽藍

東福寺 
巨大な三門は国宝ね

東福寺  
これまた巨大な本堂

東福寺   
本堂の天井にはデッカイ蒼龍図!!

拝観受付して通天橋へ
東福寺    
《通天橋》  左右の青紅葉が見事すぎる!!!
東福寺     
角度によっては絵画のように美しい・・・
あまりの美しさにココで10分以上過ごす僕

ゆっくりと奥に移動して・・・
東福寺      
《開山堂》へ
東福寺       
穏やかな春の休日 
観光客は少なめ   いい日に来ました

東福寺        
美しく整えられた開山堂の庭 

東福寺           
《方丈》から通天橋を見る  見事すぎる青紅葉
まるで緑の絨毯の様で どこまでもどこまでも続きます・・・
爽やかな風が心地いい
目を閉じて深呼吸~

東福寺          
本坊庭園   静かに鑑賞します
東福寺            
以前から気になっていた 枯山水の作り方!!
なるほど! でっかい熊手みたいな道具で作るんだね!
庭師さんがゆっくり ゆっくり引いてました~


さて 次に行きましょうかね~
東福寺を後に・・・
以前から行きたかったトコへ 大きく移動です
瑠璃光院
《瑠璃光院》  京都市左京区上高野東山55 詳しい由来は省きますね

春と秋の年2回だけ 中に入れる〈特別拝観〉です
瑠璃光院 
山門をくぐると緑一色の異世界へ踏み入れます

そして
書院の2階へ・・・
瑠璃光院  
光と影が織りなす 緑の世界観
思わず夫婦で『うわぁ~!!』と声が出ちゃいました

瑠璃光院   
回廊は徹底的に磨きあげられ まるで鏡の様
青紅葉が写りこみ 緑のグラデーションが美しく 鳥肌ものです

しばらくこの部屋で風に揺れる青紅葉を眺めて過ごします
瑠璃光院     
他に拝観者は無く 貸し切りの瑠璃光院

そして・・・
瑠璃光院    
人生初の『写経』!!
一文字 一文字 時間をかけて丁寧に写経
手が痛くなった~  足しびれたぁ~

でもね・・・ なんて贅沢な時間・・・
東福寺         
なんだか『来て良かったぁ~』って心から思える
そんな 新緑の京都でした


☟ 桜が終わっても京都は美しかった!!  ポチっ!!!

[edit]

群馬県 岩櫃山へ!! 

昨日 土曜日
群馬県の岩櫃山に山登りに仲間と3人で行ってきました
今回は写真が多いです(笑)
岩櫃山
《岩櫃山》(いわびつさん) 群馬県東吾妻町
見上げるほどの岩峰!! スッゲ~迫力!!
岩櫃山 
岩櫃山は上州真田家の岩櫃城跡がある事で最近脚光を浴びています
でも、今日は岩櫃城へは行かず 純粋に山のみを攻略です
岩櫃山  
〈密岩通り〉登山道から登りだします
いきなりのグングン登り     一気に高度を上げます
岩櫃山   
途中の『天狗の架け橋』   幅の狭い岩橋を渡ったり・・・
岩櫃山    
断崖絶壁の尾根歩きとか・・・
ゾクゾクの楽しい山だよん!
岩櫃山     
山頂は他の登山客で大渋滞~(笑)

とりあえず人が少なくなるまで休憩
9合目の山で僕たちはコーヒーブレイクね
岩櫃山      
無風 快晴の山
バーナーが「ゴォ~」って湯を沸かす
岩櫃山       
山の上はコーヒーのいい香り
しばし無言で遠くを眺める・・・
ネズミ
ふと見たら横にネズミさん
僕たちに驚く様子もなくエサ探し(笑)

さて
山頂も空いたので いよいよ登頂へ
登頂の様子は動画でど~ぞ

山頂へは1ルート 鎖で登りま~す
岩櫃山        
岩櫃山 山頂 802m 
岩櫃山         
山頂から下を眺める(僕です)
気持ちいい~!!

下山は〈赤岩通り〉登山道からね
岩櫃山          
ホントに赤い岩でビックリ
岩櫃山           
無事下山し 岩櫃山を振り返る
いい山でしたぁ~

さて 登山の後の
恒例~オプショナルツアーね
先ずは
榛名神社
《榛名神社》  群馬県高崎市 榛名山町849
パワースポットらしいです(笑)
詳しい由来は省きます
榛名神社 
山深くへと続く参道を歩きます
榛名神社  
巨岩の間に双竜門~
異世界への扉っぽくて素敵
榛名神社   
本殿で参拝してから おみくじを引きます
なんと! この おみくじ 何も書いてないんです
榛名神社    
で、その おみくじを参道前の御神水に浸すと・・・
榛名神社     
ア~ラ不思議 文字が浮かびます(笑)
三人で 大吉、中吉、末吉 って・・・ねぇ・・・

さて、神社の次は
伊香保露天風呂
お風呂~
伊香保露天風呂  
《伊香保温泉露天風呂》  群馬県渋川市 伊香保町伊香保581
伊香保露天風呂 
伊香保温泉露天風呂は伊香保温泉の源泉地に作られているんです
この源泉から温泉街の中心の石段に湯がひかれているんだよね
って事は・・・
いつでも一番風呂って事だね!!
ikaho_outspa.jpg
中はこんな感じ 湯は金色 キュッ!とした感のお湯デス
温泉の写真は伊香保のHPより転載~ 
いいお風呂で疲れも吹っ飛ぶよんっ!!

お風呂の後は
伊香保温泉
伊香保温泉の温泉街をブラブラね
いいトコだねぇ
泊まっていきたくなります
上州牛
今日の遅い昼食は 〈上州牛ロース丼〉
旨いっ!!! 群馬最高です!

sakura_20160417101617c12.jpg
桜満開の群馬
今日は一日登山と観光を楽しみました
お疲れ様でした~

[edit]

月と桜 

仕事が忙しくなかなか連休が取れないので
愛知には3月20日以降帰っていません(泣)

今日は千葉の家の買い物したり 部屋の片づけしたり
観葉の植え替えしたり・・・

夜、家の横の桜を見たら
あら!美しい!!


月と桜
三日月と桜だよん!

関東の桜も今年はこれで見納めだねぇ~
花吹雪の中、パシャパシャと写真撮を撮る・・・

岐阜の山の方は未だ咲き初めかなぁ・・・
長野はどうだろう?
などと考えながら肩に舞い降りた花びらを払う・・・

やっぱり桜は美しいっ!!!


☟ 夜桜もいいもんです  ポチっ!!!

[edit]

桜満開~パート2 

今日も桜ネタです
今が一番咲いてる時期なんで(笑)

今日はココ
まるで京都~って感じのところだね
中山法華経寺
《法華経寺》    千葉県市川市中山2−10−1
日蓮宗大本山の寺院です
鎌倉時代の文応元年創立で とても大きな歴史あるお寺
僕たち地元は「中山法華経寺」と呼んでます

桜の時期に来たのは初めて
中山法華経寺  
満開の桜~!スゴイよ~!
中山法華経寺 
参道の桜並木も全開!満開~!
人も多いけどね・・・

写真撮りながらゆっくり散策

横道に寺院を見つけた~
なんだか別世界に行きそうな門がそそる感じ
遠寿院
『遠寿院』    千葉県市川市中山2丁目3-2
縁起によると400年以上の歴史あるお寺
修行僧の荒行を行うお寺のようです
この荒行ってのが かなりスゴイらしい・・・

そんな法華経寺界隈
遠寿院 
地元すぎて いつもスルーしてました(笑)
かなり久しぶりに来ましたが案外見どころあります


☟ 地元の寺院に新しい発見です  ポチっ!!

[edit]

桜満開~ 

季節記事ですが・・・
桜が満開になりました。

うれしい平日休み
早朝からカメラを持って 向かった所は・・・

真間山弘法寺
《真間山弘法寺》(ままさんぐほうじ)   千葉県市川市真間4−9−1
創建は737年(奈良時代)の日蓮宗の本山です

ココのお寺
参道の石段に不思議なものがあります
下から27段目の石段
真間山弘法寺 
《涙石》 常に濡れている 悲しい伝説の石段です
おぉ~!なんとなく湿ってる感じ。 
周囲の石段は替えられてるみたいだけど ココだけは昔のまま

石段を上がると仁王門
真間山弘法寺  
『真間山』の額は空海が記した物と伝えられているそうです
その仁王門の横に・・・
真間山弘法寺      
『真間寺で 斯う拾いしよ 散紅葉』 
江戸時代を代表する俳人 小林一茶の句碑 があります
他にも万葉集に出てきたり 安藤広重が浮世絵に描いたりと
何かと有名な寺院なんですな

さて
今日のお題は『桜満開!』
真間山弘法寺   
『伏姫桜(ふせひめざくら)』 樹齢400年の枝垂桜です
真間山弘法寺    
老木の為 樹医による養生中らしいんですが
枝いっぱいの花を見てると周囲の桜を凌ぐパワーを感じます
少し 朝早かったけど来てよかった~っ!
真間山弘法寺     
仁王門の横にはシャガの群生もあり・・・
いいところだなぁ・・・

さて、弘法寺を後に・・・
もう一つ すぐ横のお寺へ・・・
手児奈
《手児奈霊神堂》(てこなれいじんどう)千葉県市川市真間4丁目5−21
手児奈(てこな)っていうのは、
奈良時代以前に住んでいたとされる女性の名前ね
かなりの美人で 男達は手児奈を巡り何度も争いを起こし、
それを悲観した手児奈は入水自殺-
先の弘法寺とこの手児奈霊神堂は
どちらもこの手児奈の霊を慰める為に建立されたものなんです
一人の女性の為にお寺幾つも建てるって・・・
スゴイお話しだよねぇ
今では縁結びの神として地元に愛されています
手児奈 
で、ここの桜も満開~!!
静かな霊神堂にシャッター音が響きます

お堂の横に こんなものを発見
さだまさし
歌手『さだ まさし』さんの奉納した桂の木
以前近くに住んでた『さだ まさし』さん
そういや 中学生頃 さださん家に行ってサイン貰った事があったっけな~
何処行ったかなぁサイン・・・

往復の道すがら
近所の桜並木も超満開だぁ~!!
真間川の桜
朝日に輝く桜花~
いい季節です


☟桜 綺麗ですよね!  ポチっ!!!

[edit]